大阪で眼瞼下垂の手術を受けました

手術を受けてからしばらくは痛々しい痕が気になる

手術を受けてからしばらくは痛々しい痕が気になるので職場では眼帯をして過ごしていましたが、しばらく経つと気にならないほどまで回復しました。
事情を知っている人に気になるかどうか聞いてみましたが、よく見ると分かるけれど至近距離でまじまじと見なければそれほど気にならないと言ってもらうことができたので一安心です。
もちろん、以前のようにまぶたの垂れが気になることもありません。
怖さはありましたが、手術を受けて本当に良かったと思っています。
自分がなるまで眼瞼下垂についての詳しい知識を持っていなかったのですが、今回のことで早めに治療しなければならない病気であることが分かりました。
今後再びこの症状が起こる可能性もありますし、身近な場所にいる人がこの症状に見舞われる可能性もあります。
今回は悪化していったので手術が必要でしたが、これから同じようなことがあった場合や周りの人に疑いがある場合は、早めに病院に行くことができるようにしたいです。
大阪の病院で眼瞼下垂を行ってからまぶたの垂れが治りましたが、それと同時に気になっていた老け顔も改善されました。
症状が起こると顔の印象まで変わってくるので、こういった些細な変化から病気かもしれないと気づくことが大切だと思いました。
診察や手術を行ってくれた医師は経過もしっかりと観察してくれましたし、注意点を丁寧に説明してくれたので本当に感謝しています。
手術をすることにはなってしまいましたが、無事に治療を終えることができましたし、本当に良かったです。

顔が老けて見えるという悩みを抱くようになっていた眼瞼下垂の手術は局所麻酔を使用します手術を受けてからしばらくは痛々しい痕が気になる