本文へスキップ

SHITORYU SHUKOKAI KARATEDO UNION



○○○○○○○○○○○○○○○糸東流修交会空手道連合


糸東流修交会空手道連合へようこそ

糸東流修交会連合は各国、互いに理解し合い信頼と尊敬をし謙虚に禮をつくすべし

山田会長

Welcome toShitoryu Shukokai Union Headquarters

The Shitoryu Shukokai Union,with humility and courtesy,promotes mutual understanding,
trust and respect between all countries.
Chairman Yamada

糸東流修交会空手道連合

平成10年1月11日、私たちは偉大な宗家 谷 長治郎先生を失いました。谷宗家はインテリジェンスに溢れ

自身の哲学・オリジナリティーを大切にされました。多くの技術と哲学を残された恩師の死は、全修交会会

員の心のダメージは大きなものでした。

日本の空手道界で初めて武道とテクノロジーを融合させ、芸術にまで昇華された先生は、志半ばでこの世を

去りました。残された私たちは、先生の志を未来につなげます。

tani.jpg

西暦2000年 修交会は創立51年を迎えました。

修交会は昭和26年、神戸で創設されました。戦後直後のGHQ支配下にあった日本では、武道の任意団体の

設立は認められていませんでした。

そこで谷先生と数人の先達は「さまざまな物事について交わりを修める会」として「修交会」を設立しまし

た。物資の乏しい時代のことです。時には、地下のダンスホールやトラックを数台並べたリングが練習場所

でありました。日本武道の解禁で自由な活動が可能になった頃、神戸で開催されたイベント日本武道会で空

手道のデモンストレーションを許可され大勢の観客に驚きを与えました。谷先生は同志社大学で宮城長順先

生に師事された後糸東流創設者摩文仁賢和先生に「糸東流」の免許を皆伝されました。

イベントの効果もあり門下生志望者が押し掛ける頃、「谷派糸東流拳法空手道修交会」の正式な発足となり

神戸市兵庫区に道場が開設されました。税務署職員を経験後、高等学校で教鞭をとられたこともあって、堪

能な語学と類い希なコミュニケーション能力を持つ先生は、海外に拡がる門下生を通じて、世界中に修交会

イズムを伝播されました英仏を中心とする西ヨーロッパ、当時のユーゴスラビアを中心とする東ヨーロッパ

アメリカ、アフリカ、オセアニアとその活動範囲は拡がるばかりで、システマティックな練習方法と日本武

道の神秘性が西欧人に自然と受け入れられました。

修交会の再構築と糸東流修交会空手道連合の発足

平成10年の宗家の没後、悲しみの中、修交会の再構築が始まりました。宗家谷先生の直近の弟子である

「審議会」で会議が行われ、修交会規約に基づく総会開催のための議案の作成に取り組みました。

大きく変わりつつある日本と世界の空手道界において、世界的な活動を今後も正しく躍進させるため、議案

の作成には最大の注意がはらわれました。1998年6月28日、修交会総会が開催されました。総会成立

条件確認の後、正しく行われた採決の結果、糸東流修交会空手道連合が発足して、谷長治郎先生が創設され

た「修交会」を正しく敬称する団体がここに生まれました。糸東流修交会空手道連合の発足です。


進化した糸東流修交会

新たな組織は以前と比べ2つの意味で大きく変わりました。

第1には、新会長に(財)全日本空手道連盟公認八段を持つ、山田治義先生としたことです。

新会長は、代わり行く日本空手道のスタンダードを熟知して、伝統武道と世界に通用する空手道を兼ね備え

た唯一の修交会指導者でありました。

もうひとつの変化は、組織を連合形態にしたことです。山田会長の武道感は、故谷先生と共通です。

その人によるその人の空手。「師匠を共通にするもの同士でも技量、人生観、歴史でその人の空手が形成さ

れる。旧修交会範士のそれぞれが、連合を結成することで穏やかかつ強固な結束で修交会空手道が、正しく

ワールドワイドに継承されていくと考えていました。

修交会が地方分権の時代を迎えました。

世界各地の修交会メンバーは、日本本部からの情報が乏しいにも関わらず、正しい選択と行動を迅速に行い

ました。フランス・イギリス・オーストリア・ジャージー・オーストラリア・・・契約と信頼の国の彼らは

新しい指導者山田治義先生と個人と組織双方においての契約を行いました。

1999年8月、神戸で開催されたshukokaiunion worldcupは、大成功をおさめました。

修交会創立50周年の節目を飾るに相応しい格式と試合内容は、全世界の修交会会員の結束と友情に大きく

貢献しました。

新会長、山田治義先生は、(財)全日本空手道連盟より公認範士を認められ「1級資格審査員」を委嘱され

る日本空手道を代表する一人となりました。

来たれ!糸東流修交会

今、修交会は順調に発展しています。しかし、その大きな流れに乗れない少数が現れているのも事実です。

まず日本でそして海外で。修交会はは、民主主義と伝統武道の正義の上に再構築されました。修交会の創立

者は故谷長治郎先生であり、現修交会の代表は山田治義先生です。この世界に修交会代表として谷長次郎先

生の名前は過去のものなのです。私たちは、谷宗家がご存命中に「糸東流」を捨てたように「谷派空手道」

という名前を受け継ぎませんでした。私たち修交会が次世代にワールドワイドな活動を行うにあたり、

故谷先生がそうされたように、私たちも自分たちの空手道を追及するためです。しかし少ないながらも、正

しい情報に触れられないまま誤った選択をした方々が存在します。私たちは今からでも正しい選択を行う方

々や団体のために、活動を支援する用意を世界的に準備しています。私たちの活動は、今後すべてにおいて

ますます発展していきます。それにあたっては、海外支部の組織構築に合わせ日本国内本部の体制強化、世

界的な技術指導者のライン構築と評価システム、言葉の壁を越える信頼と結束、そのどれもが欠けても成功

しません。空手道を愛する世界の同士に告ぐ。来たれ!修交会に。

Shitoryu Shukokai Karate Union

The Death of our Leader, Chojiro Tani.

On January 11th, 1998, we lost a wonderful teacher, Chojiro Tani Sensei.

Tani Soke esteemed intelligence, personal philosophy and originality in karate.The death of our teacher, who taught us so much and left his philosophical mark on our organization, was a time of great sorrow for every one in the Shukokai world.The first man in the Japanese Karate world to harmonize martial art with technology and sublimate this into a true art, left us before achieving his goals.

Those that followed in his footsteps united to keep his dreams alive.

tani.jpg


Shitoryu Shukokai Karate Union

The Birth and Growth of Shukokai.

Shukokai was established in Kobe in 1951. In occupied Japan immediately after
the war the establishment of martial art organaizations was not recognized by the
GHQ, so Tani Sensei and several leaders founded Shukokai(
修交会),
`an organization(
会)to master(修)the association of various things'(交).
It was a time When commodities werescarce so training took place in underground
dance-halls or within a ring of trucks lined up to form a circle. When the sanction on
Japanese martial arts were finally lifed and it becamepossible to participate freely in
these activities, a national martial arts event was held in Kobe,
the Karate demonstration causing a great commotion amongst the many spectators.
After training under Miyagi Chojun Sensei at Doshisha University, Tani Sensei was l
icensed asproficient in Shitoryu by foundder of Shitoryu himself, Kenwa MabuniSensei.
As a result of the demonstration and under pressur by his disciples and novices, he
opened adojo in Hyogo Ward, Kobe, and formally started `Tani-ha Shitoryu Kendo
Karatedo Shukokai'.
After a brief period working at Tax Office, he began teaching at High School. Amongst
his arate instructors, teachers with a unique communicative ability and fluency in
linguistics weresent overseas to introduce Shukokai to the world. focusing on England
and France in westernEurope, and Yugoslavia in eastern Europe, along with America,
Africa and Oceania, our systematic training method coupled with the esoteric side of
Japanese martial arts were eagerly received bywesterners.


The Start of the Union.

After Tani Soke's passing, amidst sadness, the reconstruction of Shukokai began.
A general meeting took place with tani Sensei's direct disciples attending as councilors,
with the main agenda being to draw up new Shukokai Association by-laws. Strict attention
was paid to devising regulation that ensured that rapidly changing world of Karate-do in
both Japan and the rest of the world continued to make proper and remarkable progress
in its global activities.

On May 28th, 1998 a Shukokai general meeting was held. After confirming the conditions
of the terms for the conference, a formal ballot was held, resulting in the inauguration of
the Shitoryu Shukokai Karatedo Union as the officialsuccessor to Tani Chojiro Sensei's
original Shukokai.

The new organization differed to the previous in two distinct ways. Firstly, the organization
would be led by Yamada Haruyoshi, an 8th Dan Hanshi officially recognized by Japanese
Karate Federation.

Thoroughly familiar with the constantly shifting world of Japanese Karate-do, the new leader
was the sole teacher at Shukoakai with understanding of both the current state of traditional
Budo and World Karate.

The second change eas to transform the organization into a union. Chairman Yamada's view of
the martial art was similar to Tani SEnsei's


`One makes one's own Karate'

Student of the same teacher will develop their own Karate based on their own abilities, their own
views on life and experience. It was thought that a union consisting of Hanshi from the former
Shukokai with their firm but gentlemanly ties would be widely successful in strengthening world
Karate. The World Shukokai Members, with little information available from Japan regarding the
new Shukokai Union with its newly de-centralised power strycture, promptly offered support.
France,Enhland, Austria, Jersey, and Australia-all quickly showed their faith in both the new leader
YamadaHaruyoshi and the new organization. The Shukokai Union World Cup held in Kobe in
August,1999was a great success. The formalities and level of competition were most suitable for
the 50th anniversary celebration of Shukokai Karate, and greatly contributed to the unity and
friendship ofmembers from all over the world. Chairman Yamada Hanshi, has subsequently been
commissionedas a Supreme Judge and representative of Japanese Karate-do. The Shukokai Union,
the One and Only Shukokai.

Since the inauguration of the Union, Shukokai has continued developing. It's structure has been
de3signed to maintain its strong links to traditional karate, but with a more democratic administration.
Although the late Chojiro Tani was the founder of Shukokai, the current Union is now led by
ChairmanHaruyoshi Yamada, thus we did not continue using Tani SEnsei's name in the title of the
new organization. Unfortunately, some groups and individuals in Japan and amongst the world
members decided not.to join us. They felt that due to the scarcity of information or the lack of
transparency,they couldn't make that decision. We understand. However, we are still fully
prepared to support Karateactivities around the world for any person or group who wishes to join
us in the future. And just as Tani Sensei promoted the pursuit of `one's own Karate', so the
Shukokai Union is acting to promotethe sport of Karate-do worldwide.
The activities of the Shukokai Union are evolving in both quality and quantity. We are currently
focusing on building a system at the Japanese Headquarters fiexible enough to adjust to the
languagebarriers and cultural concerns of World Members, and we continue to develop a group of
world-classinstructors with superior technique and unified grading system, in order to unite all
World Members.
Our continued evolution and success cannot proceed without this. The fellow members of the
ShukokaUnion around the world cannot fail so long as they continue to study the philosophy and
techniques of Yamada Sensei. We encourage all people around the world with a love for
Karate-do to come and joinus! We are the Shukokai Union.


お知らせtopics

修交会大会


平成29年7月30日
第68回全国空手道選手権大会を開催しました。

定期総会


平成29年4月22日
ホテルポップインアミングにて定期総会を開催しました。

新着情報news

2017年8月20日
活動報告を更新しました。
2017年4月29日
スケジュールを更新しました。
2007年4月1日
ホームページを作成しました。

糸東流修交会空手道連合

〒661-0973
尼崎市善法寺町5-20